印刷所に依頼すれば簡単に同人誌が完成する|注意点を伝授

印刷の基本知識

知っておきたい作成法

女の人

同人誌の作り手は年々増えています。
それを証明するように、一昔前よりも同人誌の印刷所が劇的に増加しました。
初めは手作りのコピー本で満足していても、サークル活動を続けるうちに、発行部数が増えたり、予算枠が広がったりして、印刷所を利用したいと考える人たちも多いことと思います。
その日のためにも、印刷所に無事入稿できるように、同人誌を作るための基礎知識をきちんと頭に入れておくことが大事です。
まず第一に印刷のための原稿は、表紙がフルカラーである場合を抜かして、黒一色で作る必要があります。
黒以外の色を使うと、綺麗に印刷のための版がとれないからなのですが、この基本を守らず、薄墨やボールペンを使う人がけっこういるのです。
また墨を使っても掠れた部分はそのまま再現されますので、効果としてならばよいのですが、そうでない場合はしっかりとベタ一色で塗りつぶす必要があります。
続いて表紙の注意事項です。
昨今はフルカラーの同人誌を作る人が増えていますが、同時に印刷所へのクレームも増加しているのです。
その理由は、原稿どおりの発色がなされていないという理由です。
4色刷フルカラーのメカニズムを理解している人ならばこういったことにはならないのですが、肌の色を綺麗に出したいときには蛍光ピンク置き換え印刷を選ぶこと、すべての色をなるべく原稿に忠実に再現したいならば、お金が掛かっても5色刷フルカラーを選択してください。
これらはすでに基本的な知識として覚えておきます。
同人誌の印刷所はそれぞれの会社に、得意分野など様々な特徴があります。
作りたい同人誌のイメージをしっかりと固め、それに適した印刷所を選択することが大切です。

フルカラーが人気の理由

冊子

同人誌の表紙印刷には種類がありますが、昨今人気なのはフルカラーの表紙です。
一昔前なら考えられないような価格で、フルカラーの印刷をおこなう印刷所が増えました。
同人誌の作り手は年々増えていますが、それに呼応するように印刷所が増加し、価格競争、サービス向上がなされた上で今日があるのだと思われます。
さて、今では同人誌といえば、フルカラー印刷というくらい、カラー表紙がメジャーになりました。
その人気の理由はなんと言っても、パッと人目を引く華やかさにあるのでしょう。
墨一色での単色刷の本と、フルカラーの同人誌を並べてみれば一目でわかると思います。
近年、安価なグラフィックソフトの開発などにより、パソコンで気軽に絵を描けるようになりました。
それをそのまま、同人誌の表紙にしたいと考える人たちが増えてもまったく不思議はありません。
そのニーズに応えるように、印刷所がパソコンを使ったデータ入稿などに対応し、ますますフルカラーの需要は増えました。
人気の理由はそれだけではありません。
印刷技術の発展に伴い、同人誌印刷所では非常に安価なフルカラー印刷をおこなえるようになったことが大きいのです。
かつては1000部を超えなければ出来なかったフルカラーが100部以下の同人誌でも容易に選択できるようになりました。
価格的にも、さらに安価なオンデマンドでのフルカラーも出てくるようになって、オフセットでの敷居が高かった少部数サークルにとっても朗報となりました。
印刷所もフルカラー印刷を推す、さまざまなキャンペーンを打ち出すことによって顧客を定着させ、同人誌といえばフルカラーというイメージを作り上げたのです。
今後もフルカラーの人気はほぼ不動と言って間違いはないでしょう。

印刷で気をつけること

印刷機

コミケに行くと必ず目にする同人誌。
その同人誌を出版したいけどやり方がいまいちわからない、という経験をした方もいると思います。
そこで、同人誌の作り方の、特に印刷の部分について詳しく解説をしたいと思います。
同人誌を作るためにまず必要なのはもちろん原稿ですが、原稿だけでは何の意味もありません。
そこで、原稿を印刷所に持って行って印刷をしていただかなければなりません。
ここで大事なのは、同人誌の印刷を専門としている印刷所に原稿を持っていくべきであるということです。
これには料金の説明がわかりやすい、本が作りやすいようになっている、できた本を即売会の会場まで運んでもらえる、などの理由があります。
もう一つ重要なのが原稿を印刷所に持って行ってから本ができるまでにはだいたい一週間くらい掛かる、ということです。
前もって原稿をもっていかないと当日本が売れない、ということになってしまいます。
原稿ができ、印刷所も決めたら入稿に行きます。
入稿の方法にはいくつかありますが、ここでは印刷所に直接行って入稿をする方法について述べたいと思います。
直接入稿をする方法では、どんな仕様の本にするかを直接相談して決められるという大きなメリットがあります。
ここで決めるべき本の仕様には本の大きさ、表紙の色や材質、本の綴じ方などがあります。
いろいろなバリエーションがあるため、どういう本にしたいかをしっかり印刷所の方と相談することが大事です。
仕様を決めたら、印刷費を払って無事入稿です。